測り隊 ~低線量被曝を考える会・町田~

放射性物質の影響を案じて、互いに手を取り合った、つくし野近隣地域在住の母の集まりです。
Posted by はかりん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by はかりん   (0) コメントを書く   (0) trackback

葛飾区の線量計測

昨日、Yahooのニュースをみていたら、こんな記事が目に飛び込んできました↓↓
葛飾区の水元公園で15日に採取した土壌から、1キロ当たり2万3300ベクレルの放射性セシウムを検出(YAHOO!ヘッドラインニュース2月22日)

共産党の都議団が調べたそうです。
たしか、中部大学・武田邦彦教授が、昨年11月に新百合ヶ丘で講演会を行った際に、
「新宿より西側の地域は年間被曝量が1ミリシーベルトを超えてくる地域」
とおっしゃっていたと、参加した測り隊員が教えてくれました。

やはり、3・11発生当時の風向きが、関係しているんですね
本当に小さなお子さんをお持ちの親御さんたちは心配だと思います。

実は、葛飾区にご実家がある測り隊員から、2月18日に所用でご実家に帰ると聞き、
当初はブログに載せるつもりではなく、計測をお願いしていました。

奇遇にも上記のニュースが流れたので、その計測結果を公表することにしました
        ↓↓↓

18日葛飾区の実家を計測してきました。

滞在時間が短く 私一人で行ったので丁寧な計測はできませんでした。
参考になればと思い、
これもまた我が家を一人でざっと計測した数値も記入しました。
いい加減とはいえ、同じ人物が同じ感じにあわただしく計測したので、
比較対象にはなるかと思います。

勉強不足の私ですが、雨水のたまっているところをと思い計測したら
 0.6・・・(地面付近)という、つくし野では耳にしない数値がでました。

参考資料としてお使い下さい。

葛飾ケイソク


なんだか複雑ですね、町並みは以前と何も変わらずとも
原発事故の影響を受けてしまっていて・・・。
計測しなければ、存在に気づけないなんて。 

現在の葛飾区の対応については情報収集していないのですが、
町田市よりは色々と動いてくれている印象は持っています。

感覚だけでなく、数値を見ることにより比較でき大変勉強にもなりました。
ありがとうございました。


町田市でも、以前にコメントいただいたringoさんの地域などでは
高い数値が出ています。

今後も、放射線量を計測することで気づかされる厳しい現実に
私たちは向き合っていかなければならないと思います。

子供達の世代に「負の遺産」をのこさないように…。
そのために大人の私たちが今こそ、真剣に考え行動していかなくては
いけないのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hakaritai2011.blog.fc2.com/tb.php/26-09732db3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。