測り隊 ~低線量被曝を考える会・町田~

放射性物質の影響を案じて、互いに手を取り合った、つくし野近隣地域在住の母の集まりです。
Posted by はかりん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by はかりん   (0) コメントを書く   (0) trackback

第二回「町田市の放射線量を測定等する有志の会」主催の講演会に出席しました

 先日3月25日(日)に「町田市の放射線量を測定等する有志の会」主催の第ニ回講演会パネルディスカッション・意見交換会に出席して参りました。
昨年6月のアーカイブから内容はご覧いただけますが、第一回講演会は2012年5月27日に開催されました。

今回二回目となる講演会では、昨年世界に向けて福島第一原発4号機の危機的状況を
警鐘された元駐スイス大使村田光平先生が、改めて「世界を脅かす福島原発事故処理の現状」と題して世界の流れについてお話下さいました。

本来この事故処理に関しては、国が総動員して行うべき国家的危機次元のことであり、
世界にとっても国際的安全保障問題として今後大きな課題として向き合うことになることを提言されていました。

次に川田龍平議員秘書の平戸氏から、「原発事故子ども・被災者支援法」が成立したもの
の「基本方針」が策定されないことから、具体的な活動実施が行われないままになっているとの訴えがありました。

その後たんぽぽ舎副代表の山崎氏から福島第一原発の現状、特に汚染水が海水に漏洩している可能性がある点を、海底土核種分析数値から的確に説明して下さいました。

続いて週間東洋経済記者の岡田氏が、先日マスコミ代表取材として福島第一原発に取材に
行かれた様子をお話下さいました。

最後に有志の会から、町田市の空中放射線量の現状、土壌調査プロジェクトの報告、
日光の独自環境調査の結果を説明頂きました。

日光市が公表している測定数値と有志の会の方々の測定数値に開きがあるため、
町田市に対し「放射性物質による汚染状況から見た日光地区の林間学校としての適性の検討」の質問状を提出され、
町田市長より林間学校を実施する場所の見直しを行う予定はない旨の回答書を得ているとの事でした。

今年に入ってからも空中放射線量は落ち着き傾向にあることは、測り隊計測によっても
お知らせしておりますが、福島第一原発の状態は汚染水タンクの更なる増加、そして
それに伴う処理水海洋放出の可能性に進展し、困窮を極めていることが伺えます。
処理水とはいえ、放射性物質としてのトリチウム自体を除去することは不可能な準汚染水です。
トリチウムとは、三重水素です。水素ですから、酸素と結合して水になります。
蒸発して雨にもなります。

通常を取り戻したような生活を送る毎日ですが、このような講演会に出席すると
事態はより深刻になっていることを改めて思い知らされます。

今後も事態の進展に注視し、こちらのブログからお知らせすることができればと、思います。
スポンサーサイト
Posted by はかりん   (0) コメントを書く   (0) trackback

3月測定結果

晴天に恵まれながらも朝から強風注意報が発令された中、計測をおこなってきました。

計測は、つくし野駅(11時半) → かいがら公園 → 神閣寺公園 → つくし野小学校(12時着、12:20計測開始~12:50学校へ報告)
の順で行いました。

どの計測場所も強風と共に砂埃がひどく、特に小学校の校庭は突風が吹き抜け砂嵐のようなひどい状況でした。
あまりにもひどい風だったので、吹き溜まっていたものも舞い上がって数値が低めになり、元々地質的に高い場所や染み込んでしまっている場所では数値に変動がないのではと感じました。

花粉を避けるつもりでマスクをつけて計測していましたが、マスクをしていても内側に砂が入り込んでくるくらい、すごい強風でした。砂が入ってしまうくらいだから、通常の安価なマスクでは花粉も今話題のPM2.5(中国からの越境汚染として問題になっている微小粒子物質)も防ぎようがないかもしれませんね。


2013年3月測定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。